適職スマホビジネス情報まとめ

適職スマホビジネスをレビュー!株式会社PROGRESSのアプリッチ

スマホを使った副業は多く、ネットビジネスが主力となっている

time 2022/03/06

スマホを使った副業は数年前から人気を呼び注目を集めていて、雑誌とかメディアとかでも紹介されていることもあったりするため、気になった方が情報を集めつつ、ネットビジネスを使った副業を行うという方が今も増えています。

インターネットを通じてビジネスをしないといけないのでネットビジネスが主な主力となるため、スマホを使った副業はネットビジネスが多いというのを覚えておくようにお願いします。

スマホとかタブレットとかが無かった時代はパソコンとかが主体となっていて、ガラケーでもある程度は副業もできたけど、利用できるビジネスのジャンルが限られていた感じであります。

スマホやタブレットが普及してからはインターネットにもつなぎやすくなり、利用できるネットビジネスのジャンルも広くなり、多くのビジネスができるようになっています。

2021年から2022年現在にかけては今のご時世も関係しているため、仕事の量が減ってしまった方とかが多くなっているので、スマホなどを使い副業を行い副収入を得て、生活費にあたてていたり、光熱費の支払いにあてている方が多くなっています。
いざという時に備えて、副収入を貯金にまわしている方もいたりするので、色々な理由から副業をしている方がいます。

スマホでも行えるネットビジネスの種類やジャンルは複数あったりするため、詳しい詳細とかはインターネットを使って検索をすると情報をまとめているwebサイトとかブログがあるので、情報収集もしっかりと行うことができます。

口コミや評判とかも大切な情報でもあり、第一線で活躍している方々の貴重な書き込みを見ることができるため、各ビジネスの良し悪しを知ることができ、攻略するためのヒントとかコツ・テクニックなども知ることができるので勉強になります。

2022年にはlineを使った副業とかも注目を集めていて、今後どういった展開を見せていくか気になるところであり、口コミや評判などを見ておきたいところであります。
lineを使うので、どういったビジネスができるのか気になる部分も多くあり、まだ謎に包まれている部分もあるので、利用者たちの情報が大切となってきます。

これは頭の中に入れておきたいことですが、ネットビジネスにも難易度があったりするため、利用するビジネスによって勉強方法や知識・コツ・テクニックなどを覚える時間が異なったりしてきます。
初心者向けのものもあれば中級者から上級者向けのビジネスもあるので、それによって覚えることとかも変わってきます。

スマホ副業でオススメ!デジタルコンテンツ販売 趣味を生かしてみませんか?

最近働き方も多種多様になり本業の傍ら、副業をする人が増えています。その中でも手軽に始められるスマホ副業が人気となっています。
しかし一口にスマホ副業と言っても「たくさんあって分からない!」という人も多いのではないでしょうか?

そこで私はスマホ副業に「デジタルコンテンツ販売」をオススメします。デジタルコンテンツ販売とはどのようなものなのか?そして何故オススメなのかを説明するので是非ご覧下さい。

そもそもデジタルコンテンツ販売とはなに?

コンテンツとは「情報の内容」という意味で、本や音楽、動画などの内容そのもの事を指します。それが転じて、デジタルコンテンツはPCやスマホなどで取り扱うことが出来る著作物と表します。
YouTubeで流れている動画、スマホアプリ、そして今このブログで読んでいるこの記事などもデジタルコンテンツ扱いです。

そのデジタルコンテンツをネット上で販売するのが、デジタルコンテンツ販売です。次になぜ数あるスマホ副業からこれをオススメするのを説明します。

趣味を活かして稼げる

先ほど説明した通りデジタルコンテンツは動画、音楽、文章、絵、デザイン、アプリにプログラムなど挙げるとキリが無いくらい多種多様なジャンルになります。その中には自分の趣味に関わるものがあるではないでしょうか?

趣味を満喫していれば、それに対しての知識や体験談など自然と増えると思います。そしてそれは同じ趣味の人にとって非常に有益な情報であることが多いのです。
小説や絵などの創作活動はもちろんのこと、スポーツなどで体験談を文章で起こしたり、コツを動画でレクチャーすることも、デジタルコンテンツと言えからです。

作業中以外も収入が発生する

会社で働いている場合、ほとんどは仕事をしている時間に対して賃金が支払われています。一方デジタルコンテンツ販売は作った商品をネットに貼り、それを買ってくれたかどうかで売り上げが発生します。

ネット上で売買の成立から商品の受け取りまで出来るというのがオススメする理由一つで、つまり商品さえネットに貼ってしまえば、自分は他の事をしていても稼げるということになります。それは本業で働いている間でも例外ではありません。

初期費用がかからない

ネット上で物を売り買いしているという点から、メルカリなどのフリマアプリを利用したせどりと同じなのではと思うかもしれませんが、デジタルコンテンツ販売は在庫が必要ないという大きな違いがあります。

せどりは実在する物を売り買いする為、モノを仕入れて在庫を確保しておく必要があります。つまり売る物を予め買うため、初期費用がかかります。なおかつ在庫を置いておく場所も必要です。

一方、デジタルコンテンツの場合は、商品自体データ上の物なのでダウンロードしてもらえば、在庫も保管場所も考える必要がありません。

もちろんデメリットもある

このようにデジタルコンテンツ販売のメリットについてお話しましたが、当然デメリットもあります。競争相手が多いため稼げるかどうか分かりません。

スマホ一つからでき、趣味の延長上で稼げるという点からとても始めやすいデジタルコンテンツ販売。裏を返せばそれだけ競争相手が多いと言えます。そして多すぎるため無料のデジタルコンテンツがネット上には溢れています。

例えばイラストの場合、ツイッターなどのSNSや無料アプリを見てみると、かなりの数のイラストが無料で見られます。その中で稼げる人は一握りしかいません。当然イラスト以外でもこれは当てはまります。

もしあなたがデジタルコンテンツ販売をするのでしたら、自分が欲しいという商品を思い描いて、そしてその商品がその界隈のニーズに合うのかを調べ、作り上げる必要があります。集客方法を試すのも重要です。

売れるまでの道のりは大変かもしれませんが、自分で良いと思って作った物が認められるという達成感は、他の副業では味わえない体験だと言えます。